韓国の「国際法違反」がネット上で話題となっている理由




西村金一氏の記事が話題に

西村 金一(にしむら きんいち)氏が韓国軍のレーダー照射問題について書いた記事が話題となっています。

というのも、韓国が「燃料切れになっていた北朝鮮の漁船に、燃料を提供していた可能性がある」ことを指摘したからです。

 2018年12月20日、韓国海軍軍艦が海上自衛隊の「P1」対潜哨戒機に射撃管制レーダー(射撃レーダー)を照射した。

この事実は、海自哨戒機の飛行員の緊迫した会話や撮影映像から、明白である。

にもかかわらず、韓国国防省は認めようとはせず、そればかりか、日本の海上自衛隊機が異常な接近飛行を行ったと難癖をつけ、「陳謝せよ」と抗議している。

(中略)

おそらく、燃料切れになっていた北朝鮮の漁船に、燃料を提供していた可能性がある。

このことを海自哨戒機に接近して見られたくなかったために、射撃レーダーを照射して、嫌がらせを行い、海自哨戒機を追い払ったのではないだろうか。

韓国がレーダー照射を否定し、海上自衛隊の哨戒機の行動を非難しているのは、これらの南北の動きを知られないために、韓国による問題のすり替えにほかならないと、私は考えている。

レーダー照射:国際法違反を知られたくなかった韓国 韓国軍が海自哨戒機にレーダー照射、日本に難癖つける本当の理由 | JBpress(日本ビジネスプレス)より引用)

西村氏の指摘が事実であるとすれば、韓国の行為は国連制裁決議で禁止されている「せどり(瀬取り)」に当たる可能性があります。




ネット上で反響

西村氏の記事は、ツイッター上で反響を呼んでいます。




「瀬取り」の可能性は以前から指摘されていた

「せどり(瀬取り)」とは

ここでいうせどり(瀬取り)とは、洋上において船から船へ船荷を積み替えることをいいます。英語では、Ship-to-ship cargo transferといいます。

現在、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の関係者が国連安全保障理事会の課した経済制裁に反した石油などを別の船籍の船に洋上(外洋上)で移し替えて密輸していることが国際問題になっています。

なお、中古書店などで中古品を安く仕入れて第三者に転売する行為であるせどり(競取り、糶取り)とは異なります。




複数の識者が「瀬取り」について言及

元海上自衛隊海将の伊藤俊幸氏は、テレビ朝日の番組で、日本の自衛隊が「瀬取り」の監視をしているところで、韓国軍の船と北朝鮮の船が一緒にいる状況に遭遇したことを説明しています。

ただし、伊藤氏は、韓国軍が「瀬取り」に協力していたかどうかにまでは言及していません。




八代英輝弁護士は、TBSの番組で韓国軍が「瀬取り」に協力していた可能性に言及したそうです。




韓国軍の「瀬取り」を否定する見解も

政治学者で神戸大学大学院国際協力研究科教授の木村幹氏は、韓国軍が「瀬取り」等の不正行為に関与していた可能性を否定しています。




関連記事

田母神氏は韓国レーダー照射を「全く危険ではない」 韓国の射撃用レーダー照射問題について、元航空幕僚長・田母神俊雄氏は2018年12月21日...
フジテレビが「韓国人の交渉術」を紹介 2019年1月24日、フジテレビの夕方の報道番組『プライムニュース イブニング』で、韓国軍によるレー...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク