深田恭子と交際発覚した杉本宏之(シーラホールディングス会長)とは何者なのか




深田恭子さんが交際発覚

2018年1月7日、スポーツニッポンが、女優・深田恭子さんと不動産会社社長・杉本宏之さんの交際を報じました。

 女優深田恭子(36)に真剣交際中の新恋人がいることが6日、分かった。お相手は不動産業界で史上最年少で株式上場し、時代の寵児(ちょうじ)といわれたシーラホールディングス会長、杉本宏之氏(41)。

(中略)

杉本氏はグループ企業7社で売上高200億円を超える不動産ビジネスを展開。28歳の時に業界史上最短・最年少で株式上場を果たし「不動産業界の風雲児」として一躍時の人となった人物だ。

(中略)

杉本氏の人生は貧しかった幼少期から波瀾(はらん)万丈。起業で成功し「時代の寵児」と呼ばれた3年後、リーマン・ショックで倒産。一時最大400億円にまで膨れ上がった巨額負債を抱え民事再生を申請し、自己破産したが、そこから奇跡の復活を遂げており「行動力あふれる仕事ぶりの一方で、誠実でやさしい人柄に触れ、一気にひかれていったようです」という。

(以下省略)

深キョンに新恋人 不動産業界で売上高200億円超の起業家 正月に双方親族にあいさつ(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースより引用)

ただし、深田さんの所属事務所は交際を否定しています。





杉本宏之さんとは何者なのか

杉本 宏之(すぎもと ひろゆき)さんは、「株式会社シーラホールディングス」の取締役会長です。

スポーツニッポンは、同氏について「行動力あふれる仕事ぶりの一方で、誠実でやさしい人柄」と報じています。




杉本宏之さんの経歴

杉本 宏之さんの経歴を時系列に追っていきます。

1977年6月 誕生

杉本さんは、1977年6月25日に生まれました。

幼少期は家庭が貧しく、神奈川県川崎市内の6畳一間のアパートで育てられたそうです。

というのも、杉本さんの父は茨城県内で不動産ブローカー業を営んでいましたが、杉本さんが5歳のときに事業に失敗し、財産と自宅を失ったからでした。

また、13歳のときに母が胃ガンでなくなるという悲しい体験をしたそうです。

高校は川崎総合科学高等学校情報工学科に進学しました。

高校時代は、地元の「バイクチーム」の幹部を務めたり、けんかに明け暮れて定額になるなど、やんちゃを重ねていたそうです。




1997年 株式会社東光マンションセンター

高校卒業後は、父の職業であった不動産業に興味を持ち、宅地建物取引主任者(現:宅地建物取引士、通称:宅建)の資格を取得しました。

1997年、株式会社東光マンションセンターに就職しました。

現在、株式会社東光マンションセンターの販売部門は「株式会社TFD不動産販売」、同社の賃貸管理部門は「株式会社TFDコミュニティ」という社名で営業しています。




2001年12月 株式会社エスグラントコーポレーション設立

2001年12月に独立し、株式会社エスグラントコーポレーションを設立しました。

独立を考えるようになったのは、同年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件をテレビで見たことがきっかけでした。

同社は、東京都内中心に投資用高級ワンルームマンションを開発・販売し、賃貸管理、人材派遣業務も行う企業でした。

同社は、マンションブームを背景に、投資向け物件や中古のリノベーションマンションなどを展開し、急成長しました。




2005年12月 名証セントレックス上場

2005年12月、株式会社エスグラントコーポレーションは、名証セントレックスに上場しました。

不動産業界では史上最短史上最年少の上場でした。

上場したことで、杉本さんは100億円近い個人資産を得たそうです。

ちなみに、杉本さんは上場の日に結婚をし、子どもを1人もうけたそうですが、その後離婚しています。




2009年3月 民事再生法適用申請

しかし、株式会社エスグラントコーポレーションは、サブプライムローン問題の影響で資金繰りが急速に悪化しました。

2009年3月12日、同社は、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、受理されました。

同社の負債総額は191億円でした。

同社は、同年4月13日、上場廃止となりました。

杉本さん個人としても、上場で得た100億円近い個人資産をすべて失い、13億円以上の負債を抱えて自己破産しました。




2010年 株式会社SYホールディングス設立

2010年、株式会社SYホールディングスを設立しました。

同社は2018年6月1日付で「株式会社シーラホールディングス」に商号(社名) 変更し、現在に至ります。

「株式会社シーラホールディングス」については、こちらの記事で詳しく解説しています。

→関連記事:杉本宏之さんが会長を務めるシーラホールディングスとはどんな会社なのか




前澤社長と親交

ZOZOTOWNを運営する株式会社ZOZO前澤友作社長は、月旅行や剛力彩芽さんとの交際で話題の人物です。

最近では、1億円分のお年玉を配ることを発表し、話題となっています。

→関連記事:「月に行くならお年玉」が話題になっている理由

前澤社長は、杉本さんの飲み仲間だそうです。

2012年にZOZO(当時の社名は「スタートトゥデイ」)が市長変更で東証一部に上場したとき、上場記念の全社朝礼で、なぜか前澤社長の代わりに、ZOZOと関係のない杉本さんがスピーチをしたそうです。

理由は、全社朝礼の日に前澤社長がゴルフの試合があり全体朝礼に出れないからでした。




参考文献

杉本宏之(2014)『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』ダイヤモンド社


続きはこちらです。

杉本宏之さんが会長を務めるシーラホールディングスとはどんな会社なのか

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク