林修先生の高学歴ニートへの講義が反響を呼んだ理由




林修先生とは

林 修(はやし おさむ)先生は、国語科の予備校講師です。

予備校講師としての仕事の他に、情報番組やバラエティ番組に多数出演しています。





林修先生が高学歴ニートを相手に講義を行う

2018年1月6日放送のMBS・TBS系列のバラエティ番組『林先生が驚く 初耳学!』にて、予備校講師の林修先生が、高学歴ニートの人達に対して講義を行う様子が放送されました。

6日の放送回では、林先生が今注目する教育にまつわる新情報や新常識を紹介する。そのなかで、高学歴にもかかわらず定職につかないニートたちに、林先生が特別授業をおこなう。はたして彼らはなぜ働かないのか?「仕事で時間を浪費するくらいなら好きなことをしていたい」「好きな仕事じゃなければ働きたくない」「いい大学に入れば、いい人生が送れるはず」。そんなニートたちの主張に林先生が大反論。林先生の言葉は彼らの心に響くのだろうか。

(以下省略)

林修、高学歴ニートたちの主張に大反論 | ニュース | Lmaga.jpより引用)





ツイッター上で反響

この講義の様子が放送されると、ツイッター上では様々な意見や感想が投稿されました。

















スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク