「今まで読んだ中で一番こわい短編小説」が話題に(その5)




「今まで読んだ中で一番こわい短編小説」が話題に(その4)の続きです。

ブライアン・エヴンソン「二番目の少年」




エドガー・アラン・ポー『落とし穴と振り子』




筒井康隆「村井長庵」




小松左京「牛の首」




リットン『幽霊屋敷』




サリンジャー「バナナフィッシュにうってつけの日」




筒井康隆「鍵」




『だれかを好きになった日に読む本』のなかの『電話がなっている』と『The End of the World』




筒井康隆「走る取的」




筒井康隆「乗越駅の刑罰」

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク