「今まで読んだ中で一番こわい短編小説」が話題に(その4)




「今まで読んだ中で一番こわい短編小説」が話題に(その3)の続きです。

レイ・ブラッドベリ「棺」




佐藤春夫「陳述」




松本清張『疑惑』




ロアルド・ダール「南から来た男」




O・ヘンリー『魔女のパン』




三島由紀夫『月澹荘綺譚』




グスタフ・マイリンク「蝋人形小屋」




村上春樹「七番目の男」




シドニー=ガブリエル・コレットの「娘が親の子供を何度も出産しているが、それはフランスの田舎あるあるです」風に、牧歌的に、のんびりした筆致で書いている短編




三島由紀夫「月澹荘綺譚」


物足りない人は、続きをどうぞ。

「今まで読んだ中で一番こわい短編小説」が話題に(その5)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク