「今まで読んだ中で一番こわい短編小説」が話題に(その1)




#今まで読んだ中で一番こわい短編小説」というハッシュタグが、ツイッターでトレンド入りし話題になっています。

ツイートの中で、反響の大きかったツイート(リツイートやいいねが多いツイート)を紹介していきます。

ディーノ・ブッツァーティ「なにかが起こった」

「なにかが起こった」は『七人の使者―ブッツァーティ短編集 (1974年) (モダン・クラシックス) 』に収録されています。




半村良「箪笥」

「箪笥」は『能登怪異譚 (集英社文庫)』に収録されています。




牧野修「おもひで女」

「おもひで女」は『忌まわしい匣』に収録されています。




小中千昭「0.03フレームの女」




乙一「SEVEN ROOMS」




ポー「早すぎた埋葬」




筒井康隆「死にかた」




ウェイクフィールド「赤い館」




小泉八雲「茶碗の中」




内田百閒「山高帽子」


物足りない人は、続きをどうぞ。

「今まで読んだ中で一番こわい短編小説」が話題に(その2)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク