「噂の!東京マガジン」の料理コーナーが賛否両論を呼んでいる理由




「噂の!東京マガジン」とは

噂の!東京マガジン」とは、TBS系列で1989年10月1日から放送されている娯楽ワイドショー・情報番組です。

出演者は、森本毅郎さん(総合司会)、小島奈津子さん(アシスタント)、井崎脩五郎さん、清水国明さん、山口良一さん、笑福亭笑瓶さん、風見しんごさん、深沢邦之さん(Take2)などです。




「噂の!東京マガジン」の料理コーナーとは

「噂の!東京マガジン」の料理コーナーのタイトルは、「平成の常識・やって!TRY」です。

このコーナーでは、主に若い女性(番組内では「TRY娘」と称する)に声をかけ課題の料理に挑戦してもらう様子をVTRで流しています。

このコーナーで取り上げられる「TRY娘」は、主に料理に失敗した女性です。

そして、VTRのナレーションでは、料理に失敗した女性を揶揄するツッコミが入ります。

また、VTR終了後に、男性出演陣も「TRY娘」を揶揄するコメントを言う場合がほとんどです。

スタジオにプロの料理人を招き、調理の見本を見せて、このコーナーは終わります。

なお、料理ができた女性は、エンディングの短い時間でしか放送されません

つまり、「平成の常識・やって!TRY」をひと言でいってしまえば、「料理下手な女の子」を笑うコーナーということです。




東洋経済オンラインが「平成の常識・やって!TRY」を批判する記事を掲載

東洋経済オンラインがYahoo!ニュースで、「平成の常識・やって!TRY」を批判する内容の記事を掲載しました。

記事を書いたのは、阿古 真理さん(作家・生活史研究家)です。

記事の内容の趣旨は、「平成の常識・やって!TRY」が女性差別で、時代遅れではないか、というものです。

 平成もあと4カ月弱で終わろうというのに、テレビの世界は昭和のままで止まっているのだろうか。そんなことを思わせる番組がある。日曜昼に放送される情報番組「噂の! 東京マガジン」(TBS系)で、素人の若い女性にレシピなしで料理に挑戦させる「平成の常識・やって! TRY」というコーナーだ。違和感を抱いているのは筆者だけではないようで、ネットで検索すると「やって! TRYは女性差別か」といったブログなどが散見される。

(以下省略)

「女性の料理が笑われる」TBS番組への違和感(東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュースより引用。太字は筆者による。)




ネット上では賛否両論

東洋経済オンラインの記事を受けて、ツイッター上では賛否両論のコメントが投稿されています。

いくつか紹介していきたいと思います。

スタジオの男性陣が料理を作らないことへの批判




若い女性だけに料理を作らせることへの批判




性別問わず、他人の失敗を笑うことへの批判




コーナーに違和感がないという意見




出演者の了承を得ているから問題ないという意見




料理の好き嫌いを押し付けることへの批判




料理コーナーだけでなく、番組全体への批判




フェミニズム・フェミニストへの批判





スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク