箕輪厚介さんが映画館でコップに排尿したのは、なぜ?




箕輪厚介さんとは

箕輪厚介(みのわ こうすけ)さんとは、幻冬舎の編集者の方です。

堀江貴文さんの『多動力』や田中修治さんの『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』などヒットを飛ばしている編集者です。

自身も『死ぬこと以外かすり傷』という著作があります。




箕輪厚介さんが映画館でコップに排尿?

箕輪厚介さんは、「リメンバー・ミー」という映画を映画館で鑑賞中に、強烈な尿意に襲われて、他人の感動の邪魔をしないように手元のコップにおしっこをしたそうです。

このような突飛な行動をとるとは、びっくりです。

さすが、天才編集者と言われるだけあります。

箕輪さん本人も、このエピソードを認めています。





「リメンバー・ミー」とは

「リメンバー・ミー」とは、2017年に公開されたディズニー映画です。

箕輪厚介さんが、驚くような行動をとるくらい感動的な映画なのでしょう。

AmazonビデオやDVD・ブルーレイディスク・4K UHD、サウンドトラックなどが発売されています。

まだ見ていない人は、まずは予告編だけでもどうぞ。




映画館で同様の経験をした人は他にも

映画館で鑑賞中にコップにしてしまうことは、「洋画ファンあるある」だそうです。




おしっこが理由で、そもそも映画館行かない人もいる

そもそも、頻尿を理由として映画館に行かない人もいるようです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク