日本マイクロソフトが8月に「週休3日」を試験導入→ネット上は賛否両論




日本マイクロソフトが8月は金曜日も休みの「週休3日」を試験導入

日本マイクロソフト株式会社は2019年4月22日、「ワークライフチョイス チャレンジ 2019 夏」を本年夏に実施することを発表した。

発表内容によれば、2019年8月の全ての金曜日を休業日とする、としている。

2020 年 8 月も全ての金曜日を休業日とする取り組みを実施する予定とのことである。

日本マイクロソフトの出したリリースはこちら。

働き方改革の加速に向けて、「ワークライフチョイス」を推進する自社実践プロジェクトを本年夏に実施

日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也、以下:日本マイクロソフト)は、自社の働き方改革の加速に向けて、「ワークライフチョイス」を推進する自社実践プロジェクト「ワークライフチョイス チャレンジ 2019 夏」を本年夏に実施します。

日本マイクロソフトは、働き方改革(ワークスタイルイノベーション)を経営戦略の中核に位置付けています。そして、自社の働き方改革の基本理念として、「ワークライフチョイス」を掲げています。「ワークライフチョイス」は、社員一人一人が、仕事(ワーク)や生活(ライフ)の事情や状況に応じた多様で柔軟な働き方を、自らがチョイス(選択)できる環境を目指すものです。

このたび、「ワークライフチョイス」の推進に向けた新しい自社実践を実施することで、全社員が「短い時間で働き、よく休み、よく学ぶ」ことにチャレンジし、生産性や創造性の向上を目指します。このチャレンジに関しては、効果測定(向上、削減、満足の観点など)を実施し、実践後にその結果を公表していく予定です。

「ワークライフチョイス チャレンジ  2019 夏」において、以下の取り組みを実施します。

  1. ワークライフチョイス推進の「機会」の提供:週勤 4 日&週休 3 日制トライアルの実施
    • 2019 年 8 月の全ての金曜日(2 日、9 日、16 日、23 日、30 日)を休業日とする
    • 正社員は特別有給休暇を取得し、全オフィスをクローズとする
    • 2020 年 8 月も実施予定
  2. ワークライフチョイス推進の「実践」の支援:ワークライフチョイス社員支援プログラムの実施
    • 以下の 3 つの視点で支援プログラムを用意

<For Work : 自己成長と学びの視点>

  • 自己啓発関連費用サポート
    • 期間中に行われた自己啓発に関わる費用の補助
    • ベネフィットポイントを 1.5 倍 付与
    • 適用先の具体例
      • 各種講座入会金、授業料、試験受験料 など
  • 異文化異業種職場体験プログラム
    • 異文化異業種の他企業に赴き、職場体験/学習を行う
    • 会社は体験先企業/日程/内容をメニュー化し希望社員とのマッチングを行う
    • 具体例
      • 現場の方との意見交換やグループディスカッション
      • 製造工程/設備点検など現場での業務見学
      • 専門職の方のシャドウイング など

<For Life : 私生活やファミリーケアの視点>

  • “わくわくライフ”関連費用サポート
    • 期間中に行われた家族旅行やレジャーに関わる費用の補助
    • ベネフィットポイント/ウェルネスポイントを 1.5 – 2 倍 付与
    • 具体例
      • 国内旅行費用、スポーツ施設利用料、レジャー費用 など
  • ファミリーケア アイディア コンテスト
    • 期間中の家族との過ごし方について社員からアイディアを募集
    • 審査の上、評価されたアイディアには提案に応じた支援を行う

< For Society : 社会参加や地域貢献の視点>

  • 社会貢献活動費用サポート
    • 期間中に行われた社会貢献活動に関わる費用の補助
    • ベネフィットポイントを 1.5 倍 付与
    • 具体例
      • ボランティア活動費、交通費、宿泊費 など
  • 社会貢献活動マッチングプログラム
    • 関東圏/各地域において社会貢献活動に参加する
    • 会社は活動先/日程/内容などをメニュー化し、希望社員に対して事前の教育と
      マッチングを行う
    • 具体例
      • 障碍のある児童生徒向けのプログラミング研修
      • 教職員向けプログラミングワークショップ
      • 高齢者向けタブレット研修

また、日本マイクロソフトは、同時期に行政主導で実施される「テレワーク・デイズ 2019」(2019 年 7 月 22 日 ~ 9 月 6 日)にも参画します。

ワークライフチョイスを推進する「ワークライフチョイス チャレンジ 2019 夏」、当社基本のフレキシブルな働き方、さらに「テレワーク・デイズ 2019」への参画などを組み合わせた新しい働き方、休み方を実践し、さらに行政が主導する 2020 年の東京オリンピック/パラリンピックに向けた様々な対策にも貢献したいと考えています。

以上

働き方改革の加速に向けて、「ワークライフチョイス」を推進する自社実践プロジェクトを本年夏に実施 – News Center Japanより引用)




各メディアが報道

日本マイクロソフトの発表を、各メディアが報道した。




ツイッター上の反応

社員のためにチャレンジする会社は良い

長時間労働でなんとか生き残る企業と格差が広がる

うちもやって

転職したい

効率化への「劇薬」

マッドハウスが同時にトレンド入り

同じ日、アニメ制作会社「マッドハウス」の長時間労働が報じられた。

日本の夏は蒸し暑い

素晴らしい働き方改革

他企業も早く追随せよ

仕事減らなくても業務時間を減らす事を考えるべき

私の会社は3年ほどで廃止

さらに仕事しなくなる

自宅で仕事をする日を増やすというのが理想

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク