【元不良から東大卒そして17社を起業した】塚本廉 氏が「中卒ニート」と経歴詐称を告白(1)




塚本廉 氏の経歴

こちらは、2015年9月28日の記事に掲載されたプロフィール。

高等専門学校を卒業後、日立製作所へ入社。その後一念発起して東京大学を受験、同大学に2011年入学。起業家として様々な事業を手掛ける他、トルコ親善大使や「みんなの夢AWARD」最高顧問、トルコ語とアラビア語の通訳なども務める。大学と共同して授業設計を行ったり、最近では国内外の不動産投資も始めるなど多岐に渡る活動を続ける。2015年に東京大学卒業。同年9月よりイスタンブール大学へ入学。

アジアを躍動する東大卒の起業家 塚本廉。その破天荒な軌跡と決断 – Out;Elite (アウトエリート) 若き異端児達の“自”論展開メディアより引用)

こちらは、顧問を務める会社のプロフィール。

中学時代は不良グループのリーダー。高専時代に死ぬ気で英語とエンジニア技術を習得。高等専門学校を卒業後、株式会社日立製作所へ入社。都市開発システムに従事し、技能五輪に出場。ある人との出会いで価値観が変わり、 東京大学への進学を決意。業務の傍、受験勉強をし、合格。入学直後に企業と学生のマッチングサービスで起業し、その後日本のみならず、様々な国で起業。現在は海外の大学院に通いながら国内外問わず、多数の事業を展開中。 エンジニアとしてはハード、ソフト、機械学習など幅広い分野に精通しており、2017年度に経営・技術顧問としてA&ICONSULTINGへ参画。

A&Iコンサルティングより引用)




経歴詐称を自白




「中卒ニート」ではないという情報

また、2013年4月30日に投稿されたツイートには、「塚本廉 文京学院大学TAF2013BGU学生実行委員会MD班」と書かれている。




ツイッター上の反応

逆にすごい

胡散臭さの宝石箱

新しいビジネス始める気満々

地頭は良さそう




2011年3月10日に、東京大学の合格発表を見に行っていた?

こちらは、塚本氏の2011年3月10日のツイートである。

2011年3月10日は、東京大学の合格発表日であった。

(参照:2011 年 3 月 10 日 東大合格発表レポート (南賢司)




2011年3月11日(東日本大震災発生時)には、茨城県神栖市で仕事をしていた?

こちらは、塚本氏の2011年3月11日頃のツイートの抜粋である。

続きはこちらです。

こちらの記事の続きです。 茂木健一郎氏との出会いは2011年? 2011年2月27日のUstream配信がきっかけ? ...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク