次世代ゲーム機「プレイステーション5(PS5)」の最新情報公開が賛否両論を呼んでいる理由




次世代ゲーム機「プレイステーション5」の最新情報公開

リード・システムアーキテクトを務めるマーク・サーニー(Mark Cerny)氏が、「WIRED」のインタビューで、「プレイステーション4(PS4)」の次世代のゲーム機について情報を明かした。




明らかになった最新情報

情報をまとめると、次の通り(不確定情報あり)。

  • 「PlayStation 4(プレイステーション4)」の次世代ゲーム機(next-gen console)の名前は、まだ決まっていない。しかし、「WIRED」は、過去の歴史から見て、「PlayStation 5(プレイステーション5)」になるだろうと予測している。
  • 「PlayStation 5」が、2019年に発売されることはない
  • 「PlayStation 4」のリード・システムアーキテクトを務めたマーク・サーニー(Mark Cerny)氏が、「PlayStation 5」のリード・システムアーキテクトを務めている。
  • ソニーは最近、Devkit(ソフトウェア開発キット、SDK)の開発を急がせている。
  • CPUとGPUは、より強力になる。
  • AMD製のチップを搭載する。
  • 次世代ゲーム機は、物理メディア(ディスク)を使うことができる。ダウンロードだけに対応したマシンにはならない。
  • 新作ゲームは、「PlayStation 4」と「PlayStation 5」で同時発売される。
  • 「クラウド・ゲーミング(cloud gaming)」への対応については、はっきりしていない。




ツイッター上の反応

今年発売しなくて大丈夫か?

期待感しかない

今までと何が違うのか




賛否両論を呼んでいる理由

ツイッター上では、次世代ゲーム機に期待を寄せる声がある一方で、発売時期が遅いことに対する不安の声がありました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク