立憲民主党・枝野幸男代表の唱えた「枝野理論」が賛否両論を呼んでいる理由




「枝野理論」とは

「枝野理論」とは、枝野幸男・立憲民主党代表が唱えた理論で、第2次安倍政権で不祥事が発生しても支持率が下がらない理由について説明したもの。

「⽇本経済新聞」2019年4⽉14⽇朝刊で明らかに。

その内容はこちら。

「自民党支持者は小選挙区制を本能的によく分かっている。いまはガチガチの自民党支持が35~40%ぐらいいるのではないか」

「小選挙区制の下でもし安倍を辞めさせたら次は枝野になってしまう、と自民党支持層が思うから支持率が落ちない」

(「⽇本経済新聞」2019年4⽉14⽇朝刊5面より引用)




ツイッター上の反応

指摘は当たっている

民主党政権時代の反動

人を落とすことしかできない

この程度の認識

都合よく解釈する癖がある

弱者の定義を明確にすべき

違うリーダーを担ぎ出せばいい

保守とは何かを体現できていない

四半世紀が過ぎた




賛否両論を呼んでいる理由

ツイッター上では、「枝野理論」に賛同的な意見と批判的な意見の両方があります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク