「東京駅で10人殺す」と無差別殺人予告をしたアカウントはどれなのか?




「東京駅での無差別殺人予告」のツイートをした人が逮捕

東京駅での無差別(通り魔)殺人予告のツイートをした女が、12月28日、警視庁に逮捕されました。

容疑は、偽計業務妨害です。容疑者は、長野市の託児所パート従業員・小林愛望容疑者です。

報道各社が報じています。

偽計業務妨害については、刑法第233条(信用毀損及び業務妨害)に規定があります。条文は次のとおりです。

虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

今回の事件では、「東京駅の駅員の業務を妨害した」ということで逮捕されたようです。




「東京駅での無差別殺人予告」をしたアカウントはどれか

東京駅での無差別殺人予告をしたアカウントは、りゅうた 人口削減計画 最後の仕事 (@r_t1379)です。

現在、このアカウントは停止(凍結)されています。




「東京駅での無差別殺人予告」とはどんなツイートか

「東京駅での無差別殺人予告」をしたツイートが投稿されたのは、12月12日のことです。

そのツイートがこちらです。


アカウントの停止(凍結)に伴い、このツイートは現在では削除されています。

逮捕された容疑者は女性ということで、男性を騙ってツイートしたということになります。

他にも、このようなツイートをしています。





この投稿は、ネットニュースで取り上げられるなど、波紋を広げました。

殺害予告を受け、警視庁も警察官が警戒に当たったということで、「りゅうた 人口削減計画 最後の仕事 (@r_t1379)」のアカウント主は、非常に迷惑な行為を行ったことがわかります。




なぜ殺害予告をしたのか

なぜ、容疑者は殺害予告をしたのでしょうか。

その答えは、次のツイートがいっているとおり、自己承認欲求ではないか、と考えられます。

現に、容疑者は警察の取り調べに対して「過激な内容を書き込めば日本中の人に見てもらえると思った」と話しているそうです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク