銭湯絵師見習い・勝海麻衣氏による「インスパイア疑惑」の経緯まとめ(12)




こちらの記事の続きです。

こちらの記事の続きです。 勝海麻衣氏の活動を振り返る(2019年1月) 2019年1月9日:地方新聞で共同通信の配信記事...

勝海麻衣氏の活動を振り返る(2019年2月)

2019年2月1日:≪東京都≫「TOKYO SENTO Festival 2020 」の企画発表

「TOKYO SENTO Festival 2020」(企画者:TOKYO SENTO Festival 2020実行委員会)の企画が、東京都とアーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)の「Tokyo Tokyo FESTIVAL」に採択されたことが公表された。

(参照:企画公募 採択プロジェクト|Tokyo Tokyo FESTIVAL

同じ日、東京都浴場組合(東京都公衆浴場業生活衛生同業組合)が、「TOKYO SENTO Festival 2020」に「TOKYO SENTO Festival 2020 」の実行委員会として参加することをリリースした。

(参照:「Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募」実施企画発表! 東京都浴場組合の参加が決定!! | 【公式】東京銭湯/東京都浴場組合

2019年2月1日:Benthamのミュージックビデオに出演

2019年2月7月:太鼓奏者・山脇千栄さんと対談


Amazon.co.jpで「銭湯」の商品を探す

楽天市場で「銭湯」の商品を探す





2019年2月7日:≪東京都≫第21次東京都公衆浴場対策協議会 第1回

近藤和幸(東京都公衆浴場業生活衛生同業組合(東京都浴場組合)理事長・日本銭湯文化協会副会長)の発言。

また、これは2月1日に発表されましたのですけれども、Tokyo Tokyo FESTIVALというものが来年にあります。オリンピック・パラリンピックのときに東京都がそれを盛り上げようではないかということで、その企画応募がありました。それが全部で2,436と聞いております。その中で1次審査が64通りました。その後、2次審査のプレゼンがあり、結果的に言うと190分の1の13の企画が選ばれました。その中に我々東京都浴場組合が残りました。これはすばらしいことでございます。これは日本の方々にもアピールできますし、世界の方々にもオリンピックを通じて、日本の文化とは何ぞやと。銭湯だよ。これを広めるすばらしい一生に一度のチャンスではないかと思っております。そこで我々も頑張っていきたいなと思っておりますので、内容につきましては今詰めている最中でございますけれども、あっと驚くようなことを企画しておりますので、御期待をいただきたいと思います。

第21次東京都公衆浴場対策協議会 第1回 議事録(要旨)より引用。太字は筆者による。)

2019年2月20日:北区「稲荷湯」で描き替え

2019年2月23日:「鳩の湯」で描き替え

丸山清人・勝海麻衣・町田忍の3氏が描き替えを行う。

町田忍氏も絵を描いた理由は、「鳩の湯」が1か月後に取り壊される予定であり、絵が長く残ることはないからだと筆者は推測している。


Amazon.co.jpで「銭湯」の商品を探す

楽天市場で「銭湯」の商品を探す





2019年2月25日:CMに銭湯絵師の姿で登場

1か月後の未来を暗示するツイート。

こちらの記事の続きです。

こちらの記事の続きです。 勝海麻衣氏の活動を振り返る(2019年3月) 2019年3月10日:政府広報オンラインサイトで...

記事一覧はこちらです。

記事一覧 銭湯絵師見習い・勝海麻衣氏による「インスパイア疑惑」に関する、当サイトの記事の一覧です。 ...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク