佐藤弘樹被告の芸能事務所「ヘルメス・エンターテイメント」は今どうなっているのか




佐藤弘樹被告とは

佐藤弘樹被告とは、芸能事務所「ヘルメス・エンターテイメント」の元社長です。

佐藤被告は、2017年に、女性への強要・強姦致傷・強盗の疑いで逮捕されました。

 またしてもゲス社長が逮捕された。警視庁杉並署は7月31日、声優志望の30代女性に乱暴し現金10万円を奪ったとして、芸能事務所「ヘルメス・エンターテイメント」代表の佐藤弘樹被告(33)を強姦致傷と強盗の疑いで再逮捕した。

同被告は今年5月にも別の20代女性に同様の行為をした強要容疑で逮捕され、その後、強姦罪などで起訴されていた。

再逮捕容疑は、5月26日に同区内の会社事務所を訪れた30代女性に乱暴し、約1週間のケガをさせた上、コンビニのATMで現金10万円を引き出させて奪った疑い。

同署によると、女性は1月に同プロダクションの採用面接を受けたものの、同社のキナ臭さに契約を断ろうと事務所を訪問。そこで佐藤被告から「会社に迷惑をかけやがって!」などと脅されたという。警察の調べに同被告は「弁護士が来てから話す」と黙秘している。

(以下省略)

東スポWeb:ゲス芸能プロ社長を再逮捕 はびこるスカウト商法の恐怖より引用)

2018年12月25日、佐藤被告に対して懲役23年の実刑判決が下りました。

タレントの女性ら5人に対して、性的暴行を加えたり、現金を奪ったりした罪などに問われている元芸能事務所社長の佐藤弘樹被告について、東京地裁は25日、懲役23年の判決を言い渡した。

東京地裁は「被害者らを愚弄するような不合理な弁解に終始しており、反省の情は皆無である」と指摘した。

元芸能事務所社長に懲役23年の実刑判決(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュースより引用)

「ヘルメス・エンターテイメント」の現在の状況

「ヘルメス・エンターテイメント」は、正式には「有限会社ヘルメス・エンターテイメント」という社名です。

「有限会社ヘルメス・エンターテイメント」は、現在も存続しています。

こちらが、「有限会社ヘルメス・エンターテイメント」の法人登記簿です。

設立は、平成3年(1991年)10月16日です(設立時の社名は、「有限会社ヘルメス・コーポレーション」。平成26年(2014年)3月10日に現在の社名に変更。)。

上で引用したニュースでは、佐藤被告の肩書は「元芸能事務所社長」となっておりました。

しかし、法人登記簿上は、佐藤被告は逮捕後も代表取締役の地位に留まっています

会社法第331条1項の規定によると、禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者(刑の執行猶予中の者を除く。)は取締役になることができません

したがって、佐藤被告の実刑判決が確定した時点で、佐藤被告は、代表取締役および取締役の地位から退くことになります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク