2018年1月5日の朝日新聞の投書欄が「老害」批判を浴びている理由




次世代につけ押した平成人?

2018年1月5日の朝日新聞朝刊の投書欄に、次の投稿が掲載されました。

次世代につけ押した平成人

無職 吉田正信(群馬県 68)

昭和は、戦争拡大、敗戦、貧困、がむしゃら、国民総中流、バブル謳歌と、悲惨なこともあったが、楽しいこともたくさんあった。メリハリに富んだ時代だった。
平成は、バブル崩壊から景気拡大が失速し、政府が毎年大量の赤字国債を発行して景気工場を目指しても国民は動かず、デフレは進行。世の中は暗くなる一方の時代だった

(省略)

労働人口は減る一方で借金返済はかなわず、このままでは日本社会の破綻は避けられないように思える。平成人は、自分たちで問題を解決できず、そのつけを次世代に押しつけた最悪の世代だった、と歴史に刻まれるであろう。

(2018年1月5日付朝日新聞朝刊より引用)




ツイッターの反応

ツイッター上では、朝日新聞に掲載された投書に対し、「老害」批判のツイートが拡散しています。




批判を浴びた理由

投書が批判を浴びている理由はいくつかあると考えられます。

理由① 投稿者は昭和の楽しいことを謳歌できた世代

投稿者は68歳ということで、バブルなど昭和時代の楽しいことを謳歌できた世代であり、昭和から平成にかけて問題を次の世代に押し付けた世代です。

それが、氷河期世代という平成の苦しい時代しか知らない世代から批判を浴びています。





理由② 投稿者自身が「平成人」

投書欄に投稿した人の年齢は68歳です。

ということは、平成元年には38歳ということになります。

つまり、投稿者自身が平成時代を現役バリバリで過ごした「平成人」ということになります。

「平成人」である投稿者が何もできなかったにも関わらず、「平成人」を批判するのは筋違いではないか、という批判です。




理由③ 平成の次の時代は、もっと悲惨

平成の次の時代は、少子高齢化や年金問題などの社会問題が深刻化し、平成よりも大変な時代になることが予想されています。

そうした中、年金を受け取れる世代である投稿者は、「逃げ切り」ができる世代として、批判の的となっています。




歴史は繰り返す

同様の批判は、昭和の時代にもありました。

福田赳夫・元首相が、かつて「明治人」と自称して、批判を浴びたことがあるそうです。

歴史は繰り返すのですね。

平成の次の時代の終わり頃にも、再び「老害」論争が起きるのでしょうね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク