金正男氏の息子保護の団体による北朝鮮「臨時政府」樹立に賛否両論




北朝鮮「臨時政府」発足

2019年3月1日、北朝鮮の金正恩政権を打倒することを目指す「臨時政府」が発足したことが明らかとなりました。




「臨時政府」に好意的な見解

陰ながら応援

核廃棄・拉致被害者解放に期待

少しは支援したい

見守りたい

正当な血筋の持ち主

48時間で全てが決まる

大きな動きになる予感

トランプ大統領はすでに知っていた?

チャウシェスク夫妻みたいな最期になる

ポーランドのニコラエ・チャウシェスク初代大統領は、ルーマニア革命後に、妻とともに公開処刑された。




「臨時政府」に懐疑的な見解

朝鮮半島らしい展開

過去にでっち上げ




経済への影響は今のところなし




中国が「自由朝鮮」と関係を持っているとの見方

郵便学者・内藤陽介氏は、YouTube動画「【3月14日配信】内藤陽介の世界を読む『米朝首脳会談は失敗ではない~ベトナムも対中包囲網に』かしわもち【チャンネルくらら】」の中で、キム・ハンソル氏を支援する「自由朝鮮」に対し中国が何らかの影響力を持っているとの見解を示しました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク