桜田五輪相の遅刻が賛否両論を呼んでいる理由(2)




こちらの記事の続きです。

桜田五輪相が遅刻 桜田義孝・東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当大臣が、2019年2月21日午前の衆議院予算委員会に3分遅刻しまし...

ツイッター上の反応

後回しにすればいい

もう来なくていい

本人が謝罪すれば済む話

無駄に開始時刻だけうるさい

大臣も野党も時間ロス

野党は18連休

野党は2018年4月下旬から5月上旬にかけて18日間連続で審議拒否を行った。

謝ってすむ話




いつもの話

遅刻の理由を言わないのはおかしい

民主党政権時代も大臣が遅刻

安倍政権はゆるみきっている

こういうことやるから野党は信用されない




野党はこうやって戦うしかない

維新は大臣の遅刻を許してしまう

野党が怒るのは無理ない

100万円無駄にした

元朝日新聞記者のツイート




賛否両論を呼んでいる理由

ツイッター上では、遅刻をした桜田大臣への批判の声が多くあった一方で、審議を中断した野党に対する批判の声も多くありました。




野党が桜田大臣にしたかった質問




翌日、審議拒否の理由が変わる

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク