桜田五輪相の遅刻が賛否両論を呼んでいる理由(1)




桜田五輪相が遅刻

桜田義孝・東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当大臣が、2019年2月21日午前の衆議院予算委員会に3分遅刻しました。

桜田大臣は10時15分から出席する予定でした。

審議は15時過ぎに再開しました。

ということは、予算委員会は5時間近くストップしていたということになります。




詳細な状況説明

立憲民主党国会対策委員会のツイッターアカウントが、桜田大臣の遅刻について詳細な状況を説明しています。

予算委員会は3時過ぎに再開しました。




立憲民主党の議員のツイート

蓮舫議員

早稲田ゆき議員




日本維新の会の議員のツイート

浦野靖人議員

足立康史議員

また、同じ日の午後に行われた総務委員会で、足立議員は予算委員会の正常化を求めています。




自由民主党の議員のツイート

石崎徹議員




日本共産党の議員の事務所のツイート

宮本岳志事務所

続きはこちらです。

こちらの記事の続きです。 ツイッター上の反応 後回しにすればいい 国会。テレビ中継がないと、一部野党はよくサボるん...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク