ウクライナ美女のクラウドファンディングが賛否両論を呼びそうな予感




ウクライナ美女のクラウドファンディング

クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で、このようなプロジェクトが募集しておりました。

美女(ウクライナ女性)が異国の日本を望んで プロフィール動画を作成プロジェククト – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)




賛否両論を呼びそうな理由

①掲載されている画像が露出度の高い画像ばかり

クラウドファンディングを募集するページに掲載されている女性の画像が、下着姿のいわゆる「セクシー」な画像ばかりです。

この点について、賛否両論を呼びそうです。

②掲載されている画像が本人のものかどうか確かめられない

クラウドファンディングを募集するページには、女性の静止画しか掲載されていません。

YouTube動画(美女★ウクライナ女性/ Nice to meet you .I’m Lily (リリー))も掲載されていますが、こちらも静止画を組み合わせたもので、本人が話している姿が登場しません。

他人の画像を流用している可能性も否定できないわけです。

掲載されている画像が本人であることを示すためには、本人が話している様子を撮影した動画をアップするべきでしょう。

③メイドカフェ・ガールズバーを経営しようとしている点

クラウドファンディングを募集するページには、次のことが書いてあります。

その後での最終目標、私は日本で働きたい。(ウクライナ女性)でメイドカフェもしくはガールズバーを…………..

美女(ウクライナ女性)が異国の日本を望んで プロフィール動画を作成プロジェククト – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)より引用)

メイドカフェやガールズバーの営業は、風営法が適用されるかどうか微妙なラインにあります。メイドカフェやガールズバーでの「接客」が「接待行為」に当たれば、「風俗営業の許可」が必要となります。

このような営業に資金援助をすることについて、賛否両論を呼びそうです。




ツイッター上の反応

この記事を書いた時点(2019年2月21日12時半)では、ツイッター上でこの件をツイートしている人はほとんどいませんでした。




今後の展開に注目

世間ではこのプロジェクトはあまり知られていないようです。

筆者は今日、ブログのバナー広告でたまたま知りました。

世間で知られたときに、世間の人々がどういう反応をするか注目です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク