タナカキミアキ氏と舞田敏彦氏のバトルが勃発した理由(1)




2月9日:舞田氏がタナカ氏に動画削除を要求

2019年2月9日、タナカキミアキ氏と舞田敏彦氏のバトルが勃発しました。

バトルが勃発したきっかけは、タナカキミアキ氏が1月20日に公開した動画「社会の底辺炎上感謝★学歴と犯罪率のタブーにも触れる」で、舞田敏彦氏の作成した図表を無断で使用していたことでした。

舞田氏はタナカ氏に動画の削除を要求し、タナカ氏は即座に動画を削除しました。

また、舞田氏はタナカ氏に使用料3万円を請求し、タナカ氏は即座に振込をしました。

経緯につきましては、舞田氏が書いたこちらの記事に詳しく書いてあります。

データえっせい: タナカキミアキの盗用行為




2月9日:タナカ氏が動画投稿

2月9日、タナカ氏はYouTubeに「バイトテロ★くら寿司は刑事、民事で法的処置」という動画を投稿しました。

この動画のキャプションには、次の文言が表示されています。

「誠意を見せろ」=「金よこせ」と思っているオッサンです




2月10日:ツイッター上でバトルが発生








2月12日:舞田氏が別の動画での無断使用を指摘




2月12日:タナカ氏が動画投稿

2月12日、タナカ氏はYouTubeに「フリーランスの信用力は?★預金残高すら関係なし」という動画を投稿しました。

この動画のキャプションには、次の文言が表示されています。

お前のチャンネル潰すぞ!金を出せ!が増えてるらしい




2月13日:タナカ氏がツイッターアカウントを削除




2月13日:タナカ氏が動画投稿

タナカキミアキ氏が2月13日、「お前のチャンネル潰すぞ!金払え!★商人としての解決法」というタイトルの動画をYouTubeに投稿しました。

動画の中でタナカ氏は、浦部孝法氏(架空の人物)が書いたこちらのブログ記事を紹介しています。

誠意とはお金を払うことであり、それには方法論はない – 法廷日記




補足説明:タナカ氏の所属事務所

タナカキミアキ氏の所属事務所は、株式会社GEKIRINです。

続きはこちらです。

こちらの記事の続きです。 2月14日:舞田敏彦氏がブログ更新 タナカキミアキ,2015年4月の中野区議選に出てたんだ...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. 残念 より:

    あら、この本キミアキ先生の動画で知って買ったので
    こんなことになっててとても残念。
    本はとても面白かった。
    キミアキ先生が動画内で紹介してる本はだいたい読んでヨカッタと思える本が多い。