「70歳就業、義務化検討」が批判を浴びている理由(2)




こちらの記事の続きです。

「70歳就業、義務化検討」と報道 2018年11月26日に時事通信が報道した「70歳就業、義務化検討=法制化へ来夏実行計画−政府 」という...

ツイッター上の反応(続き)

日本は衰退国

75歳まで働くことになる

記事のタイトルが良くない

幸福度が下がる

非正規はどうする




ネトウヨはいい加減に危機感を持て

「就業機会確保の義務化」の話

今後の人生に息苦しさ

大企業もなかなか給与水準上げられない




非正規で労働力を安く買い叩くだけ

それが私たちの目指す社会なのか

政治家の怠慢

危険な現場に高齢者




税金の使い方に問題

記事を制作した側に問題

見出しが間違っている

時間の問題




批判を浴びている理由

ツイッター上では、主に次の2つに対し懸念の声が上がりました。

  • 死ぬまで働かされる恐れがある
  • 年金制度が破綻することを政府が認めている

また、時事通信の記事のタイトル(見出し)の付け方に対する批判のツイートもありました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク