「幼保無償化法案」の閣議決定が賛否両論を呼んでいる理由




「幼保無償化法案」を閣議決定

2019年2月12日、政府は幼児教育・保育を無償化する子ども・子育て支援法改正案を閣議決定しました。




ツイッター上の反応

本当にありがたい

保育士の待遇改善が先

待機児童の解消が優先




消費税が上がる

無償化は必要

「保育事故」が「多発」する

バラ撒き政策




もっと困ってる人達のことも考えて

問題のすり替え

虐待のない社会を作ることにお金を費やしてほしい

まだまだ負担感が大きい




「幼保無償化法案」が賛否両論を呼んでいる理由

ツイッター上では、無償化を歓迎する声がある一方で、無償化よりも優先すべきことがあるという意見や、無償化により新たな問題が発生するという意見がありました。




同じ日に「高等教育無償化法案」も閣議決定

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク