中日・松坂大輔投手のファンサービスが賛否両論を呼んでいる理由




松坂大輔投手の熱心なファンサービスが話題に

2019年2月1日から始まった中日ドラゴンズの春季キャンプで、松坂 大輔(まつざか だいすけ)投手が熱心にファンサービスをしていることが話題となっていました。




転売目的でサインをもらう人

転売目的でサインをもらう人がいる問題についても報道されました。




ツイッター上の反応(2月10日まで)

松坂投手の右肩の違和感が報道される前のツイッター上の反応です。

本当に感激

カッコ良い

これぞプロフェッショナル

ホークス時代もサインしていた

有料サイン会にして




サイン会の中止を求める

大声で叫ぶオバサン

移動で自転車

松坂一時離脱の事前発表がなかったのは残念

選手の邪魔をしないで欲しい




「松坂大輔投手がファンに右腕を引かれた」と報道

松坂大輔投手がファンと接触した際に右腕を引かれていたことが、2019年2月11日に報道されました。

松坂投手がブルペンでのピッチングを行わないスローペース調整を行っていることについては、数日前に報道されていました。




ツイッター上の反応(2月11日)

松坂投手の右肩の違和感が報道された日のツイッター上の反応です。

悪質な行為があったのでは

犯人を特定するべき

規制が厳しくなる




有料にするべき

ファンのタチが悪い

選手を尊敬しないといけない

最悪の展開




ファンは永久追放でいい

ファンとの接触なしでいい




賛否両論を呼んでいる理由

ツイッター上では、松坂投手の右肩の違和感が報道される前は、ファンサービスを歓迎する声と規制を求める声の両方がありました。

松坂投手の右肩の違和感が報道されたことで、ファンサービスの規制を求める声が高まっている状況です。




おまけ:「中日松坂」と「日向坂」「けやき坂46」がトレンド入り

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク