社民党の分裂が賛否両論を呼んでいる理由(1)




社民党が分裂

社会民主党は2020年11月14日、臨時党大会を開催した。立憲民主党への合流を希望する議員の離党を容認する議案を可決し、事実上の分裂が決まった。

社会民主党に所属する国会議員のうち、残留するのは福島瑞穂党首のみ。立憲民主党に合流するのは、吉田忠智幹事長、吉川元幹事長、照屋寛徳衆議院議員の3名。

立憲民主党との合流は以前から議論されていた。

2016年には民進党への合流を断られた

社民党公式アカウントがいろいろぶっちゃける

続きはこちらです。

こちらの記事の続きです。 社民党員(元党員含む)の反応 照屋寛徳(衆議院議員) 「先輩方が築いた遺産を全て食いつぶ...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク