むつ市役所の窓口の「マスクなし対応(ノーマスク対応)」が賛否両論を呼んでいる理由




目次

むつ市役所の窓口で「マスクなし対応」を実施

2019年2月6日、朝日新聞は、青森県のむつ市役所で窓口の職員がマスクを着けずに応対していることを報道しました。




ネット上では批判の声

ツイッター上では、批判のツイートが続々と投稿されました。

以下、ツイッター上の反応をまとめました。

民間もノーマスクにしないといけなくなる

職員の健康を何だと思ってる

パンデミックを誘発




マナー講師はいらない

マナー講師ではなく医師に相談しろ




一番怖いのはノーマスクでパンデミックしにやってくる一般市民

透明マスク

理解しがたい

思想が20世紀で留まっている

タバコ臭かった




クレーム入れればいいのか

わからん

接客にマスクは重要

職業によってはマスクを許して欲しい

みんな感染していく




自分の健康を守る権利

朝日新聞に違和感

クレーマーを無視する度胸がない

理由が何重にも間違ってる

3分の1のスタッフがインフルにかかった




変な思想

不思議ルール

マナー講師なんかに相談するな

自衛は必要

妊婦の立場から言うとマスクしていてほしい




体調悪い職員が自宅で休むのは当たり前

日本の「接客」をこれ以上向上させなくてもいい

無意味なところに労力使ってる

むつ市役所だけでやってて

朝日新聞は根性論精神論大好き

理由が間違っている




賛同する声も

ツイッター上では、「ノーマスク対応」に賛同的なツイートもありました。

マスクでインフルが防げるってエビデンスは?

マスクしてたらブチ切れられた

耳がきこえない人は口元が見えると安心




むつ市は「必要な人はマスク着用している」と弁明




賛否両論を呼んでいる理由

ツイッター上では「ノーマスク対応」に批判的なツイートが多く、その理由の多くは「感染予防のためにマスクが必要」や「マスクなし対応はマナーではない」という趣旨のものでした。

しかしながら、少数意見として「ノーマスク対応」に賛同するツイートもありました。その理由は「マスクに感染予防の効果はない」や「聴覚障碍者にとっては安心できる」という趣旨のものでした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク