恒星に「カムイ」、惑星に「ちゅら」と命名




恒星に「カムイ」、惑星に「ちゅら」と命名

国立天文台は2019年12月17日、国際天文学連合の創立100周年事業で、命名権が日本に割り当てられていた、太陽系外の恒星に「Kamui(カムイ)」、惑星に「Chura(ちゅら)」と名前を付けたと発表した。カムイはアイヌ語で「神の宿る物や場所」、ちゅらは沖縄・琉球語で「美しい」といった意味とのこと。

ツイッター上の反応まとめ

なよろ市立天文台 きたすばる

「なよろ市立天文台 きたすばる」のページはこちら。

https://nayoro-star.jp/kitasubaru/index.html

いしがき島 星ノ海プラネタリウム

「いしがき島 星ノ海プラネタリウム」のページはこちら。

いしがき島 星ノ海プラネタリウム

その他のツイート

命名に否定的な声も

中央による文化盗用

カムイの表記

系外惑星の命名一覧

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク