伊藤詩織氏の元TBS記者に対する勝訴判決が賛否両論を呼んでいる理由(6)




こちらの記事の続きです。

こちらの記事の続きです。 リベラル派の論客のツイート 江川紹子氏 合意なき性行為で違法行為と認定。慰謝料300万円...

阿曽山大噴火氏「(控訴審は)更にヤバイ事になりそう」

ツイッター上の反応まとめ

いろんな中傷が始まる

この事件ほど司法に怒りを感じた事はない

広河隆一氏の事件との差

なぜ刑事では握りつぶされたのか

真っ当な結果

どれだけ地上波や大手新聞が報道するか注目

加害者が実名報道されない

NHK・フジテレビは実名報道

半年経っても忘れないか?

異様な不起訴が増えた

性暴力は魂の殺人

初鹿明博に対してダンマリ

330万は安い

実際の弁護士費用は30万円ではない

司法が政権に忖度をせず司法の役割を果たした

山口敬之氏の控訴に対する反応

本当に問題に悩み解決を望む人は無視

山口敬之氏がワイドショーでコメンテーターをしていた頃

「不起訴」とした検察への批判は避けられない

油断は禁物

賛否両論を呼んでいる理由

ツイッター上では、今回の勝訴判決を称賛する声がある一方で、慰謝料の額の少なさや、元TBS記者への刑事責任が問われないことへの遺憾の声がありました。

また、マスコミの報道姿勢に対する批判の声もありました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク