暴力が許される条件




暴力はしてはいけないことだ。
体の暴力も、言葉の暴力も、してはいけないことだ。

日本では、枕詞をつければ、そのルールを破ってもいいことになっている。

「世界的トランペッターだから、中学生を殴っても許される」
「舞台の演出家だから、暴言吐いても許される」
「お笑いのつっこみだから、頭を叩いても許される」

芸能界だけではない。

「野球部の監督だから、部員を殴っても許される」
「建設業の親方だから、暴力をしても許される」
「大企業の社員だから、暴言を吐いても許される」

暴力が許される条件が無限に広がっていく。

暴力をする理由は、ただ一つ。
暴力する者の怒りを発散させるためである。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク