和泉首相補佐官と大坪厚労省大臣官房審議官の不倫疑惑に批判殺到




和泉洋人首相補佐官と大坪寛子厚労省大臣官房審議官の不倫疑惑が報道される

週刊文春は2019年12月11日、和泉洋人・内閣総理大臣補佐官(国土強靱化及び復興等の社会資本整備、地方創生、健康・医療に関する成長戦略並びに科学技術イノベーション政策担当)と大坪寛子・厚生労働省大臣官房審議官(危機管理、科学技術・イノベーション、
国際調整、がん対策、国立高度専門医療研究センター担当)の不倫疑惑を報道した。

和泉洋人氏の経歴

  • 1953年 神奈川県横浜市生まれ。
    • その後、栄光学園中学校・高等学校卒業。
  • 1976年3月 東京大学工学部都市工学科卒業。
    • 4月 建設省入省。
  • 1986年 高崎市役所都市計画部長。
  • 1998年 建設省住宅局住宅生産課長。
  • 2001年1月 国土交通省住宅局住宅総合整備課長。
    • 4月 博士(工学)取得(東京大学)。
  • 2002年4月 慶應義塾大学理工学部特別研究教授。
    • 7月 内閣官房都市再生本部事務局次長。
  • 2004年 国土交通省大臣官房審議官(住宅局担当)。
  • 2006年 政策研究大学院大学客員教授。
  • 2007年 国土交通省住宅局長。
  • 2008年 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネージメント研究科特別招聘教授。
  • 2009年 内閣官房地域活性化統合事務局長。
  • 2012年9月11日 内閣審議官兼地域活性化統合事務局長を辞職し、国土交通省を退官。
    • 10月1日 内閣官房参与(国家戦略担当)。
  • 2013年1月21日 第2次安倍内閣内閣総理大臣補佐官(国土強靭化及び復興等の社会資本整備並びに地域活性化担当)。
    • 2月22日 第2次安倍内閣内閣総理大臣補佐官(国土強靭化及び復興等の社会資本整備並びに地域活性化並びに健康・医療に関する成長戦略担当)
      内閣官房健康・医療戦略室室長

和泉洋人 – Wikipediaより引用)

大坪寛子氏の経歴

厚生労働省入省前

1992年 東京慈恵会医科大学医学部卒業。

東京慈恵会医科大学血液・腫瘍内科助教

2008年(平成20年)

厚生労働省入省

医薬食品局血液対策課課長補佐

2009年(平成21年)

健康局結核感染症課

2010年(平成22年)

医薬食品局血液対策課

2011年(平成23年)

環境省総合環境政策局企画課特殊疾病対策室・石綿健康被害対策室

2012年(平成24年)

環境省総合環境政策局企画課特殊疾病対策室長

2013年(平成25年)

厚生労働省医政局総務課医療安全推進室長

?年(平成?年)

厚生労働省大臣官房付

2018年(平成31年)

内閣官房副長官補付内閣審議官兼健康・医療戦略室次長

2019年(令和元年)

厚生労働省大臣官房審議官(危機管理、科学技術・イノベーション、がん対策、国立高度専門医療研究センター担当)

(薬事日報ウェブサイト「【人事】8月30日付、8月31日付、1日付 厚生労働省」、厚生労働省「平成27年度厚生労働省 医系技官」などを参考に作成)

和泉補佐官は文部科学省元事務次官・前川喜平氏を恫喝した人物と言われている



前川喜平氏は、次のツイートをした。

大坪氏は山中伸弥教授を恫喝した人物と言われている


週刊新潮は小里泰弘議員のスキャンダルを報道

ツイッター上の反応まとめ




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク