ソウル市議会の「日本製品を制限する条例案」が賛否両論を呼んでいる理由




ソウル市議会で「日本製品を制限する条例案」が提出される

2019年1月24日、韓国・ソウル市議会で「日本製品の購入を制限する条例案」が提出されました。




ツイッター上の反応

高須克弥氏は「ソウル市議会議員は頭が回らない」

KAZUYA氏は「狂ってる」

 佐藤正久議員は「過去志向」

舛添要一氏は「日韓関係の改善は望めない」

渡邉哲也氏は「WTO違反」




木曽崇氏は「マジメに逃げて」

渡瀬裕哉氏は「日本側も韓国財閥系企業を排除していくべき」

東京とソウルの姉妹都市を解消するべき

「ホワイト国」から韓国を削除せよ

輸出貿易管理令の別表三とは、キャッチオール規制の対象外となる「ホワイト国」のこと。




困るのは韓国

韓国に進出する日本企業の軽薄さ

大騒ぎし過ぎ

韓国とは戦争状態

日本も対抗するべき




韓国にどんどんやってほしい

セルフ経済制裁




思考レベルが低い

日本に絡むな

タダでは済まない

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク