フジテレビが放送した「韓国人の交渉術」が賛否両論を呼んでいる理由




フジテレビが「韓国人の交渉術」を紹介

2019年1月24日、フジテレビの夕方の報道番組『プライムニュース イブニング』で、韓国軍によるレーダー照射問題の報道に関連して、「韓国人の交渉術」を紹介しました。

放送では、フジテレビ報道局解説委員長の反町理キャスターが、産経新聞ソウル駐在特別記者の黒田勝弘記者に聞いた話として、「韓国人の交渉術」の3つの特徴を次の通り紹介しました。

  1. 強い言葉で威圧
  2. 周囲にアピール
  3. 論点ずらし

この放送内容は、Buzzfeed Japanや朝日新聞が報じたことで、広く知られるようになりました。




ヘイトとの指摘が相次ぐ

菅野完氏

ろだん氏

きづのぶお氏

大神ひろし氏




フジテレビを擁護する声も

石平太郎氏

一色正春氏

西村幸祐氏

やさいまん氏




弁護士からはヘイトではないとの指摘

山口貴士弁護士

関連記事

田母神氏は韓国レーダー照射を「全く危険ではない」 韓国の射撃用レーダー照射問題について、元航空幕僚長・田母神俊雄氏は2018年12月21日...
西村金一氏の記事が話題に 西村 金一(にしむら きんいち)氏が韓国軍のレーダー照射問題について書いた記事が話題となっています。 とい...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク