コンビニの成人誌販売終了が賛否両論を呼んでいる理由




コンビニで成人誌の販売終了

2019年1月、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、セイコーマートなど複数のコンビニエンスストア・チェーンが、成人向け雑誌の販売を終了することを発表しました。

なお、ミニストップは他社に先駆けて、成人向け雑誌の取り扱いを中止しています。




「成人誌」の範囲




客の意見




コンビニ店員の観点

女性従業員のストレス

わざとタイトルを言わせる客

未成年のコンビニ店員の意見




未成年者の観点

多様性の観点




販売店の視点




東京オリンピック・パラリンピックとの関係




出版社の観点




漫画家の意見

近藤笑真氏

田房永子氏




社会運動との関係

政治家の意見

浅野史子氏

坂本みえこ氏




弁護士の意見




高齢者の観点




性行為への視点




コンビニ成人誌も日本の文化




外国人観光客への配慮

日本の女性の意見は聞かない




海外の動向

ドイツでは駅ナカで販売されている

関連記事

コンビニで成人誌の販売終了 2019年1月、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、セイコーマートなど複数のコンビニエンスストア・チェ...
こちらの記事の続きです。 BuzzFeed・徳重辰典氏が謝罪ツイート BuzzFeed Japan記者の徳重辰典氏は、2...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク