沖縄タイムス「幻想のメディア」の取材が、賛否両論を呼んでいる理由




沖縄タイムスとは

沖縄タイムスとは、沖縄県で発行されている新聞です。

読売新聞メディアデータ2018」によると、沖縄県内の新聞のシェアのほぼ半分が「沖縄タイムス」です。

沖縄県内の新聞販売部数ランキング

1位:沖縄タイムス

販売部数:158,419部

普及率:25.03%

2位:琉球新報

販売部数:158,229部

普及率:25.00%

3位:日本経済新聞

販売部数:5,762部

普及率:0.91%

(参考)

沖縄県の世帯数

632,826世帯

(「読売新聞メディアデータ2018」より作成)

沖縄タイムスは、沖縄県民にとって影響力のある新聞であるということは、間違いないようです。




「幻想のメディア」とは

「幻想のメディア」とは、沖縄タイムスが連載している記事のタイトルです。

企画内容は、こちらです。

2018年9月の県知事選は、かつてないほどインターネット上に情報があふれた。その結果、有権者をはじめ選挙関係者や報道するメディアもこれまでと異なる対応を求められた。新たに生まれた言論空間を生き抜くために必要なメディアリテラシー(読み解く力)とは何か。県知事選の経験から考える。

幻想のメディア SNSの民主主義の記事一覧 | 沖縄タイムス+プラスより引用)

沖縄の新聞社「沖縄タイムス」社会部で連載をしている「幻想のメディア」取材班の公式アカウントです。 各種選挙で欠かせないツールとなったSNSを通し、民主主義について考える企画です。

沖縄タイムス「幻想のメディア」取材班(@gensoutimes)さん | Twitterより引用)

一言でいうと、選挙に関するインターネット上の情報発信を考える企画ということのようですね。




「幻想のメディア」取材班が個人アカウントに取材

「幻想のメディア」取材班が「するめのよっちゃん」に取材依頼




「幻想のメディア」取材班がツイートの意図を質問




「するめのよっちゃん」のツイートが新聞記事にされていたことが発覚







沖縄タイムス「幻想のメディア」取材班の取材に賛否両論

徹底的にやってほしい

ピンポイント取材に心が痛む




ペンの暴力




一県民の発言の封殺




辺野古基地移転反対派も恐怖




ツイッターアカウントの真偽




(続報)1月30日に記事が掲載

2019年1月30日の沖縄タイムス朝刊に、「するめのよっちゃん」氏のツイートを取り上げた記事が掲載されました。

2018年の県知事選告示翌日未明、短文投稿サイトのツイッター上にこんなツイートが投稿された。 〈情けなくて涙が出てくる。こんな人が県知事候補ですか。

[幻想のメディア SNSの民主主義](6)/第1部 何が起こったか(6)/ツイート 保守活動の一環/偽ニュース 発信意図探る/(27面に続く) | 沖縄タイムス紙面掲載記事 | 沖縄タイムス+プラスより引用。太字は筆者による。)

「するめのよっちゃん」氏のツイートを取り上げた記事は、有料記事となっており、購読者以外は全文を読むことができません。

「幻想のメディア」の他の記事は、無料で読めます。

幻想のメディア SNSの民主主義の記事一覧 | 沖縄タイムス+プラス

なぜ、「するめのよっちゃん」氏のツイートを取り上げた記事は、有料記事なのでしょうか。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク