磯山友幸氏の「新聞部数減少」に関する記事が、賛否両論を呼んでいる理由




「新聞部数が一年で222万部減…ついに「本当の危機」がやってきた」

2019年1月24日、日本経済新聞で経済ジャーナリストの磯山 友幸(いそやま ともゆき)氏が書いた「新聞部数が一年で222万部減…ついに「本当の危機」がやってきた」という記事が、『マネー現代』に掲載されました。




ネット上で賛否両論

磯山氏の記事は、ネット上で賛否両論を呼んでいます。




賛同的なツイート

タダ働きしている人がいる

弁護士ドットコムニュースの記者・下山祐治氏は、次のツイートをしています。

広告収益だけで新聞社を支えるのは無理




否定的なツイート

原因は新聞側にもある

読者が前のめりでコケるような記事

押し紙が問題

「押し紙」問題とは、新聞社が販売店に販売部数の目標(ノルマ)を一方的に押し付け、売れ残った新聞は販売店に買い取らせることをいう。

自己反省が必要




ジャーナリズムが死んだ

構造改革が必要

感覚のズレ

読者への責任転嫁が問題




偏向報道が問題




早く滅んだ方がいい要素しかない

インターネットを軽視している

真っ当なジャーナリズムなど存在しない

専門の知識がない記者が無責任に書くのがばれている

新聞社は旧態依然




独立調査会社を育てるべき

新聞以外の場を作るしかない

新聞が嘘を書くことが問題




よく窓の汚れを落とせる紙

電子メディアの原稿料の相場

大本営発表しなければ増える

消費税が理由

これからはジャーナリストにお金を払う時代




いえーい!

記者のくだらない主観

自業自得




人口動態と比較するべき

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク