ZOZOTOWNの会員向け割引サービスが賛否両論を呼んでいる理由




割引サービスで有名ブランド離脱?

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)の「ZOZOARIGATOメンバーシップサービス」とは、年額3000円もしくは月額500円を払う会員になることで、ZOZOTOWNでの買い物時に10%OFFを受けられるサービスのことです。

この会員向け割引サービスが原因でオンワードやミキハウスなどの有名アパレルブランドがZOZOTOWN(ゾゾタウン)への出店を見合わせているという報道が、2018年12月下旬より断続的になされています。




ツイッター上の反応

ブランドイメージを傷つける

服好きが居ない

もともとショップの入れ替わりはあった

イメージダウン




本業の方では離脱が加速

オールドメディアの逆襲

新旧勢力の主導権争い

ゾゾだけでは済まない問題

社長の言い方

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク