銭湯絵師見習い・勝海麻衣氏による「インスパイア疑惑」の経緯まとめ(0)




目次

勝海麻衣氏の「インスパイア疑惑」とは

勝海麻衣氏は、東京藝術大学大学院生・モデル・銭湯絵師見習いを名乗っている人物です。

ネット上で持ち上がっている、勝海麻衣氏の「インスパイア疑惑」とは、主に次の2つです。

  • 勝海麻衣氏の作品が他人の作品を模倣しているという疑惑
  • 勝海麻衣氏の「銭湯絵師」としての経歴が、他の女性銭湯絵師(田中みずき氏・湯島ちょこ氏)の経歴を模倣しているという疑惑

勝海麻衣氏の疑惑について、ネット上では「盗作」や「パクリ」、「著作権侵害」などという言葉で表現している例が多く見受けられます。

しかし、当サイトでは、勝海麻衣氏の疑惑を「インスパイア」(他人の作品に影響を受けること)という言葉で表現します。

なお、「オマージュ」(尊敬の念を込めて他人の作品を模倣すること)や「パロディ」(揶揄する目的で他人の作品を模倣すること)という言葉もありますが、これらには当たらないと判断しています。


Amazon.co.jpで「銭湯」の商品を探す

楽天市場で「銭湯」の商品を探す





今回の騒動に登場する人物まとめ(作成中)

敬称は略させていただきます。

勝海麻衣

東京藝術大学大学院生。モデル。銭湯絵師見習い。

武蔵野美術大学在学中に、モデル活動を開始。

モデル活動の傍ら、ペンキ絵師・丸山清人氏に弟子入りし、銭湯絵師見習いを開始する。

2019年3月24日開催の「RAIZIN」のライブペインティングにて、虎の絵を制作。これがSNSに投稿されるや否や、猫将軍氏の「インスパイア作品」であるとの指摘が相次ぐ。

これを引き金に、他の作品についても「インスパイア作品」であるとの指摘がネット上でなされるようになる。

丸山清人氏への弟子入りに際して、先に弟子入りを認められていた湯島ちょこ氏を排除した、との主張が湯島氏によってなされている。
(ただし、丸山清人氏の娘は、湯島氏の主張を否定している。)

2019年4月5日付で丸山氏との師弟関係が解消された(4月10日、丸山氏の公式サイトにて発表)。

猫将軍

イラストレーター。

勝海麻衣氏が模倣したとされる虎の絵(”A”・”HUN”)を制作した人物。

勝海氏とは、エナジードリンクのイベントでライブペインティングを行った、という共通点がある。

丸山清人

勝海麻衣氏の銭湯ペンキ絵師としての師匠である。

日本に3人残っているペンキ絵師の一人である。

2019年4月5日付で勝海氏との師弟関係を解消した(4月10日、丸山氏の公式サイトにて発表)。

町田忍

庶民文化研究所所長。日本銭湯文化協会理事。「銭湯研究の第一人者」(参照:町田忍 – Wikipedia)。

2014年6月22日に出演したフジテレビ『ワイドナB面』では、自身を日本に3人いる銭湯絵師の1人と紹介した。

勝海麻衣氏を丸山清人氏に紹介した人物である。

(参照:「銭湯絵師見習い」女性との師弟関係解消 紹介者が語った「両者の気持ち」 : J-CASTニュース

湯島ちょこ

漫画家・銭湯アイドル。

丸山清人氏の銭湯画教室やライブペインティングに何度も通い、同氏より弟子入りを認める旨の発言を受ける。

しかし、その後、同氏より弟子入りの件は「冗談」と言われ、弟子入りを取り消される。
(弟子入りを認める発言をしたこと自体は、丸山氏の娘も認めている。)

2019年4月1日、弟子入りの取り消しは勝海麻衣氏を「銭湯絵師」として売り出すためであること、勝海氏の弟子入りをサポートしたのが町田忍氏であることをツイッター上で告発した。

ツイッター上では、「インスパイア騒動」に便乗した売名行為ではないか、との声もあった。しかし、騒動が起きる半年以上前から、弟子入りの件についてツイッターやブログで告発をしている。

丸山清人氏の娘

4月2日、J-CASTニュースの取材に対し、丸山清人氏が湯島ちょこ氏を弟子にしたことはない、という趣旨の発言をしている。
(参照:「銭湯絵師見習い」弟子入り経緯に異論が 告発ツイートに師匠側「ないことをいっぱい書かれている」 : J-CASTニュース

勝海麻衣氏の父

医師。

町田忍氏は勝海麻衣氏の父とつながりがあり、それが勝海麻衣氏の丸山清人氏への弟子入りにつながった、と湯島ちょこ氏は主張している。

しかし町田忍氏は、勝海麻衣氏の父と会ったことはない、と主張している。
(参照:「銭湯絵師見習い」弟子入り経緯に異論が 告発ツイートに師匠側「ないことをいっぱい書かれている」 : J-CASTニュース

コシノジュンコ

日本を代表するファッションデザイナー。

PR会社「サニーサイドアップ」に所属している(参照:コシノ ジュンコ | サービス | PR会社 | 株式会社サニーサイドアップ | SUNNY SIDE UP Inc.)。

勝海麻衣氏を自身のブランドのモデルに起用したり、勝海氏の個展を訪れたりしている。

葛飾区浴場組合連合会の組合長

2019年4月5日、ツイッター上で、勝海麻衣氏への不支持と湯島ちょこ氏への支持を表明した。
(参照:葛飾浴場組合長が勝海麻衣氏と町田忍氏に怒りと警告「人間性に疑問」 | 東スポWeb

岸田メル

イラストレーター。

ネットリンチ行為を批判するツイートをしたことを発端として、湯島ちょこ氏とツイッター上で言い争いになる。

その後、湯島氏との間で、和解が成立した。

メソポ田宮文明

イラストレーター。

勝海麻衣氏は、メソポ田宮文明氏が制作したTシャツを愛用している。

勝海氏が丸山清人氏に弟子入りした瞬間を撮影した人物である。

黒田明臣

人物写真家。株式会社XICO(ヒーコ)代表取締役。

勝海氏は、黒田氏の写真撮影のモデルを何度か務めている。

浅岡省一

フォトグラファー。

勝海氏は、浅岡氏の写真撮影のモデルを務めたり、セミナーの司会を務めたりしている。

勝海氏が浅岡氏を描いた肖像画が、ネット上に公開されている。

(参照:初心者向けLightroomセミナーレポート! 風景写真をもっとドラマチックに | ヒーコ | 話題のフォトグラファーによる写真とカメラのWEBマガジン

Wolf Shadow(ウルフ・シャドウ)

オーストラリア在住の写真家。

勝海麻衣氏がインスタグラムに投稿した大型犬「ワイマラナー」の肖像画が、Wolf Shadow氏が2013年11月に投稿した写真と酷似していることが発覚した。

日本人からこの事実を知らされた同氏は、インスタグラム上で勝海氏に対し投稿の削除を要求した。

その後、勝海氏は、投稿の削除を行った。

David Kassan(デヴィッド・カッサン)

アメリカ人の有名画家。

勝海麻衣氏の個展で展示した肖像画のうち複数のものが、Kassan氏の作品と酷似している、と指摘されている。

Derek Turcotte(デレク・ターコット)

カナダ在住のタトゥーアーティスト。

勝海麻衣氏の動物画のうち複数のものが、Turcotte氏の作品と酷似している、と指摘されている。

フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」スタッフ

フジテレビ系列のワイドショー情報番組「直撃LIVE グッディ!」のスタッフ。

2019年4月7日、ツイッター上で勝海麻衣氏(@katsumi0411m)に取材申し込みを行う。

その直後、勝海氏はユーザー名を”@katsumi0411m”から”@katsumi60411″に変更した。

まいまい応援してるよ

勝海麻衣氏がツイッター―のユーザー名を”@katsumi0411m”から”@katsumi60411″に変更した直後に、”@katsumi0411m”を取得した人物。

ツイッター上で、勝海氏の疑惑に関するツイート・リツイートを行っている。

4月10日、アカウント名を「まいまい応援してるよ」から「まいまい応援してたよ」に一時的に変更した。

ジョニポジティブ

ツイッタラー。

勝海氏が2015年頃に投稿したツイートが、ジョニポジティブ氏が投稿したツイートと酷似していた。

このことが話題になったのは、投稿から4年後の2019年4月。

小竹信節

武蔵野美術大学教授。

勝海麻衣氏の武蔵野美術大学での指導教授。

押元一敏

東京藝術大学准教授。

勝海麻衣氏の東京藝術大学大学院での指導教授。

田中みずき

日本に3人残っているペンキ絵師の一人である。

勝海麻衣氏と湯島ちょこ氏を除けば、日本で唯一の女性絵師である。

師匠は、中島盛夫氏。

中島盛夫

日本に3人残っているペンキ絵師の一人である。

丸山清人氏は、兄弟子に当たる。

田中みずき氏の銭湯ペンキ絵師としての師匠である。


Amazon.co.jpで「銭湯」の商品を探す

楽天市場で「銭湯」の商品を探す





今回の騒動に登場する企業・団体まとめ(作成中)

大正製薬

日本の製薬会社。

栄養ドリンク「リポビタンD」「RAIZIN」などの製品を販売している。

かつて、「リポビタンD」は日本の栄養ドリンク市場で約5割のシェアを持っていた時期もある(参照:COMZINE by nttコムウェア)。

しかし、「レッドブル」など新興エナジードリンクの登場により、シェアは3割近くとなっている(参照:市場調査課/エナジードリンク調査(2013年2月) | GiXo Ltd.)。

「RAIZIN」は新興エナジードリンクに対抗する商品として開発したものと思われる。

今回の騒動の発端となった、勝海麻衣氏のライブペインティングを主催した会社である。

また、ライブペインティングに先立って公開された「RAIZIN」のPR動画に、勝海麻衣氏を登場させている。

サニーサイドアップ

PR会社。

コシノジュンコ氏が所属している。

過去には、「ホワイトバンドプロジェクト」を手掛けたことがある。

勝海麻衣氏を起用した大正製薬「RAIZIN」のプロモーションを手掛けている会社、と言われている。

(参照:(3ページ目)はあちゅう、女銭湯絵師炎上に見る「美人だから何をしてもいい」わけじゃないだろう問題 | 文春オンライン

レッドブル・ジャパン

日本で、エナジードリンク「レッドブル」を販売する会社。

エナジードリンク市場では、「リポビタンD」「RAIZIN」を販売する大正製薬と競合関係にある。

「レッドブル」は、オーストリアのRed Bull GmbHが製造しており、レッドブル・ジャパンは日本における輸入元という立場である。

「レッドブル」の商品開発にあたっては、大正製薬の「リポビタンD」に影響を受けていると言われている。

(参照:レッドブル – Wikipedia

2013年10月14日にレッドブルが主催したイベント「Red Bull Ignition 2013」で、猫将軍氏がライブペインティングを披露した。

(参照:Red Bull Ignition 2013

大塚製薬

日本の製薬会社。

栄養ドリンク「オロナミンC」を販売している。

今回の疑惑には無関係の会社である。

しかし、5chやツイッター上では「大正製薬」と間違えて批判する人が多数発生している。

武蔵野美術大学

勝海麻衣氏が卒業した大学である。

同氏の卒業制作が模倣品であると主張する人もいる。

そのため、同氏の卒業取り消しをするのかどうか、対応が注目される。

東京藝術大学

勝海麻衣氏が大学院修士課程に在籍している大学である。

同氏に対して処分を下すのかどうか、対応が注目される。

多摩美術大学

佐野研二郎氏が卒業、現在教授を務めている大学である。

今回の騒動に無関係である。

しかし、ネット上では、勝海麻衣氏が卒業した「武蔵野美術大学」と勘違いする人がいる。

日本銭湯文化協会

町田忍氏が理事を務めている一般社団法人である。

「公衆浴場の確保のための特別措置に関する法律」の対象浴場を通じて、我が国の公衆浴場、入浴文化の歴史・知識の普及宣伝に努めるとともに、地域住民の公衆衛生の向上、健康の増進、住民相互の交流の促進を図り、もって福祉の向上に努めることを目的とする(日本銭湯文化協会定款 |社団法人 日本銭湯文化協会より引用)。

東京都公衆浴場業生活衛生同業組合

東京都の認可法人。対外的には「東京都浴場組合」を通称として用いている。

東京都とアーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)が実施する「Tokyo Tokyo FESTIVAL」における「TOKYO SENTO Festival 2020 」の実行委員会。

葛飾区浴場組合連合会

葛飾区内の公衆浴場が加盟する団体。

葛飾銭湯」というサイトを運営するなど、葛飾区の銭湯のPR活動を行っている。

組合長は2019年4月5日、勝海麻衣氏への不支持と湯島ちょこ氏への支持を表明した

(参照:葛飾浴場組合長が勝海麻衣氏と町田忍氏に怒りと警告「人間性に疑問」 | 東スポWeb)。

Cruva management・HelaHela

勝海麻衣氏が所属するモデル事務所(合同会社)。

勝海麻衣氏の「インスパイア疑惑」に関しては、取材拒否の姿勢をとっている。

(参照:「銭湯絵師見習い」弟子入り経緯に異論が 告発ツイートに師匠側「ないことをいっぱい書かれている」 : J-CASTニュース

アメリカン・エキスプレス

アメリカのクレジットカード会社。

勝海麻衣氏を同社のCMに起用していたが、同氏の「インスパイア疑惑」発覚後にCMの公開を中止した。

ビーツ・エレクトロニクス

アメリカのオーディオ機器のメーカー。

ブランド名は「Beats by Dr. Dre(ビーツバイドクタードレー)」。

2014年、Appleに買収された。

勝海麻衣氏は、「Beats by Dr. Dre(ビーツバイドクタードレー)」のCMに出演している。

4月10日現在においても、CMの放映は継続中。


Amazon.co.jpで「銭湯」の商品を探す

楽天市場で「銭湯」の商品を探す





勝海麻衣氏が活動を開始する前の出来事を振り返る

勝海麻衣氏が活動を開始する前の銭湯画界隈・その他の関係する出来事を振り返っていきます。

1912年:川越広四郎が銭湯の浴室でペンキ絵を初めて描く

銭湯の浴室でペンキ絵を初めて描いた絵師は、川越広四郎とされている。

(参照:川越広四郎 – Wikipedia銭湯 – Wikipedia

2008年2月:≪田中みずき氏≫中島盛夫氏の「見習い」に

この時点で、ペンキ絵師は早川利光氏・丸山清人氏・中島盛夫氏の3人。

参照記事はこちら。

2009年4月:早川利光氏が死去

ペンキ絵師は、丸山清人氏と中島盛夫氏の2人となる。

2010年12月:TOKYO MX NEWS

田中みずき氏の取材。

動画の中で、ペンキ絵師は中島盛夫氏と兄弟子の丸山清人氏2人だけ、と説明されている。

2012年:≪猫将軍氏≫”A”・”HUN”を制作

後に勝海氏がライブペインティングで模倣することになる作品。

2013年5月:≪田中みずき氏≫中島盛夫氏から独立を許される

参照記事はこちら。

2013年9月7日:2020年東京オリンピック招致決定

日本オリンピック委員会の竹田恆和会長と、時の東京都知事石原慎太郎・猪瀬直樹が招致委員会を率い、2013年9月7日(現地時間)にアルゼンチンの首都のブエノスアイレスで行われた第125次IOC総会で、トルコのイスタンブール、スペインの首都であるマドリードを抑えて選出された。

2020年東京オリンピック – Wikipediaより引用)

2013年10月14日:≪猫将軍氏≫「Red Bull Ignition 2013」でライブペインティングを披露

参照ページはこちら。

2013年12月20日:≪町田忍氏≫「GQ JAPAN」2014年2月号にオリンピックに関するインタビューが掲載

2014年6月22日:≪町田忍氏≫フジテレビ『ワイドナB面』に出演

町田忍氏は番組内で、自身を3人目の銭湯ペンキ絵師と紹介した。

続きはこちらです。

こちらの記事の続きです。 勝海麻衣氏の活動を振り返る(2014年~2016年) ここからは、勝海麻衣氏のツイッター上での...

記事一覧はこちらです。

記事一覧 銭湯絵師見習い・勝海麻衣氏による「インスパイア疑惑」に関する、当サイトの記事の一覧です。 ...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク