2019年1月の日露首脳会談が賛否両論を呼んでいる理由




日露首脳会談実施

2019年1月22日、ロシア・モスクワ市のクレムリン(大統領府)にて、日本の安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領の会談が行われました。




安部首相は成果を強調




ツイッター上は賛否両論

ロシアは不法占拠

野村修也氏

ひがくぼきみお氏

ヤルタ密約の無効を主張するべき(橋下徹氏)

野村修也氏のツイートを引用リツイート。

「北方領土」と発言できないことへの批判

日本共産党

佐藤 章氏

アッチェル氏

異邦人氏




プーチンはロシア国民を説得していない(駒木明義氏)

何しに行ったのか

はるみ氏

\たざきしあん/氏

\たざきしあん/氏は、麻生太郎首相(当時)がハローワーク視察時に発した「お前、何してたんだ」という発言を引き合いに出しました。

但馬問屋氏

神の左手悪魔の右手氏

立川談四楼氏




予想通りの結果

黒井文太郎氏

江川紹子氏

中野昌宏氏




ロシアには歯が立たない(烏賀陽 弘道氏)

ロシアは経済協力目当て(藤原直哉氏)

交渉をあわてる必要はない(Wolke氏)

交渉は簡単にいかない(KAZUYA氏)

安倍首相の親密アピールが不発(HOM55氏)

しかし、HOM55氏のツイートに対して、反論のツイートがありました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク