「国民民主党と自由党の合流」報道が賛否両論を呼んでいる理由




国民民主党と自由党の合流が報道される

2019年1月22日、国民民主党自由党の合流が、複数のメディアで報道されました。

しかし、産経新聞の報道では「協議」や「意見交換」したという文言を用いています。

国民民主党と自由党の合流が決まったと判断するのは、早いかもしれません。




国民民主党の政治家の反応

階猛氏は「誤報」

国民民主党所属の衆議院議員・階 猛(しな たけし)氏は、国民民主党と自由党の合流を「誤報」と切り捨てています。

津村啓介氏は「論評は控える」

国民民主党所属の衆議院議員・津村 啓介(つむら けいすけ)氏は、現時点で論評は控えるとのことです。




日本維新の会の政治家の反応

合流は仕方ない

日本維新の会所属の衆議院議員・足立康史氏は、ツイッターで次のコメントをしています。

ところで、玉木雄一郎氏のYouTubeチャンネル「たまきチャンネル」には、足立康史との会談が現時点においてもアップされておりません。

たまきチャンネルとは たまきチャンネルとは、YouTubeのチャンネルの1つです。 国民民主党代表の玉木雄一郎氏が出演しています。 ...

橋下徹氏の政権奪取論どおり




ツイッター上の反応

政界再編につながる

反安部の立場から期待




党名は「自由民主党」?

消費増税反対の立場から期待

党内対立を懸念する

「地獄」になる

離合集散の繰り返し




野党共闘が進まない

民社協会の動向が気になる

民社協会とは、国民民主党のグループの一つで、旧民社党系の国会議員・地方議員によって構成されています。

選挙の小沢に期待

〇〇の群れ

野合




山本太郎・森裕子・社民党はどうなる

とびきり軽い神輿

「神輿は軽くてパーがいい」とは、小沢氏が海部俊樹氏を首相に担ぎ上げたときに言ったとされる言葉。




与党を利する

今後の行方に注目

政党交付金目当て

枝野氏へのけん制

政権交代に一歩前進




自由党と立憲民主党なら、まだわかる

選挙対策

世田谷区長も注目のニュース




続報:統一会派結成

2019年1月24日、国民民主党と自由党は統一会派を結成することで合意しました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク