長谷川豊氏の参院選「比例代表」公認が、賛否両論を呼んでいる理由




長谷川豊氏とは

長谷川 豊(はせがわ ゆたか)氏は、フジテレビの元アナウンサーです。

フジテレビを退社後は、TOKYO MXやテレビ大阪などで、MCやキャスターを務めていました。

2017年の第48回衆議院議員総選挙では、日本維新の会の公認候補として、小選挙区(千葉1区)と比例代表(南関東ブロック)で重複立候補し、落選しました。




長谷川豊氏の参院選公認が発表

2019年1月22日、長谷川豊氏が、7月に行われる参議院議員選挙における日本維新の会の「全国比例区」の公認候補予定者に内定したことが報道されました。




ネット上では賛否両論

長谷川豊氏の公認報道について、ネット上では賛否両論が巻き起こっています。

応援する声




批判する声

長谷川氏の過去の発言をめぐって、批判するツイートが多くみられました。




上西小百合氏もツイート




筆者の見解

長谷川豊氏が選挙に立候補すること自体は、問題ないのではないでしょうか。

長谷川氏が国会議員にふさわしいかどうかは、有権者が判断するのですから。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク