田端信太郎さん、「スーフリ特待生」とはどういう意味ですか?




私がこの記事の最初に言っておきたいのは、ある人の言葉の一部だけを切り取って問題視する行為、つまり「言葉狩り」をするのはナンセンスだということです。

もう一つ言っておきたいことは、私は田端信太郎さんを嫌っているわけではありません

私は田端信太郎さんのツイッターアカウントをフォローしています。

参考になるツイートもたくさんありました。

しかし、2019年1月17日20時26分に田端信太郎さんが投稿したツイートを見た瞬間、私は驚き悲しみ怒りを感じてしまいました。

これから、そのツイートをご紹介し、私見を述べていきたいと思います。




田端信太郎氏のツイート

言葉の一部を切り取って問題視することは、良くないことだと考えています。

したがって、私が問題視している田端氏のツイートが投稿されるまでの一連のツイートを掲載いたします。

最初のツイートがこちらです。

上のツイートの引用リツイートがこちらです。

上のツイートの引用リツイートがこちらです。

上のツイートの引用リツイートがこちらです。

上のツイートの引用リツイートがこちらです。

上のツイートの引用リツイートがこちらです。

上のツイートの引用リツイートがこちらです。

この2019年1月17日20時26分に田端信太郎さんが投稿したツイートを見た瞬間、自分の目を疑ってしまいました。

嘘だろうと。

脱社畜サロンの正田圭さんの炎上騒動で、イケダハヤトさんに謝罪を勧めた、分別ある大人が、そんなこと言うはずないだろうと。

でも、嘘ではありませんでした。

そして、悲しい気持ちになりました。

そして、怒りを感じました。

上場企業の幹部が、軽いノリで、女子大生をレイプした事件を茶化すような言葉を発してしまうのです。

しかも、ツイッターという不特定多数が見る公開の場で言葉を発してしまうのです。




「スーフリ」とは何か

田端さんのツイートの「スーフリ」とは、「スーパーフリー」の略だと思われます。

なぜなら、箕輪厚介さんの発した「早稲田大学」という言葉に対する返答だからです。




「スーパーフリー」とは何か

スーパーフリー」とは、1982年から2003年ころまで存在した、早稲田大学のイベントサークルです。

早稲田大学のサークルといっても、早稲田大学の公認は取り消されていました。

また、「スーパーフリー」の代表の男は早稲田大学の学生でしたが、副代表は慶応義塾大学の卒業生でした。

「スーパーフリー」には、早稲田大学・慶応義塾大学の他に、東京大学、法政大学、学習院大学、日本大学、産業能率大学、東京電機大学など、さまざまな大学の学生が在籍していました。

「スーパーフリー」の存在は、2003年に「スーパーフリー事件」が報道されたことにより、日本中に知れ渡りました。




「スーパーフリー事件」とは

「スーパーフリー事件」は、サークルの飲み会や合宿の場で、女子大生を集団で強姦した事件です。

被害者は、起訴された事件だけで3名。裁判で明らかになった人数は、20人近く。一説には、数百人いると言われています。

2003年にサークルのメンバーが続々と逮捕され、マスコミで連日報道され、日本中に知れ渡りました。

事件の詳細を知れば知るほど、胸糞悪い事件です。

だから、事件の詳細について知りたい方は検索してください、とも言いたくありません。

事件の結末だけを申し上げます。

立件された事件は、全部で3件です。罪状はいずれも、準強姦罪です。「準」強姦罪といっても、法定刑は強姦罪と同じです。

裁判では、立件された3件の他に、20件近くの事件があったことが明らかになりました。

被告人は全部で14名で、全員懲役刑の実刑判決を受けました。

サークルの代表だった男は、懲役15年の実刑判決を受けました。

15年というのは、強姦罪(準強姦罪)の懲役刑の最長期間です。

「スーパーフリー事件」の影響で、法律も改正されました。

刑法に「集団強姦罪」と「集団強姦致死傷罪」が新設されました。

政界にも影響がありました。

当時の首相である小泉純一郎氏が、記者会見で「 何で( そんなことを言うのか )?( 輪姦は )凶悪犯罪でしょ?分からないね 」と発言しました。首相が記者会見で発言するほどの、重大な事件だったのです。

「集団レイプする人は、まだ元気があるからいい。まだ正常に近いんじゃないか」と発言した国会議員は、次の選挙で落選しました。

後に総理大臣となる政治家は、「〇〇さん(上の発言をした国会議員)は謝っちゃったんだね……。(略)だけど、女性にもいかにも「してくれ」っていうの、いるじゃない。そこらへん歩けば、挑発的な格好してるのがいっぱいいるでしょ」「ボクだって誘惑されちゃうよ」「そういう格好しているほうが悪いんだ」「男は黒豹なんだから」などと発言して、物議を醸しました。




田端氏のツイートを問題視する理由

1.被害者への侮辱

「スーパーフリー事件」の裁判記録を読むと、被害者が事件の後も苦しみ続けていることが分かります。

ある人は、排水管が詰まるほど、食べては吐くを繰り返したそうです。

ある人は、外出するときに過呼吸になってしまうため、ビニール袋を持ち歩く生活が続いたそうです。

苦しんでいるのは、被害者だけではありません。

ある人は、母親に事件を打ち明けたところ、泣き崩れたそうです。そのため、父親には事件について打ち明けることができません。

ある人は、家族に打ち明けることができず、友人に事件を打ち明けたそうです。友人は泣き崩れたそうです。

事件は、加害者の家族も苦しめました。

サークルの代表だった男の父親は、経営していた建設会社が倒産しました。

サークルの副代表だった男には、婚約者がいました。婚約者は裁判に出廷し、証言中に涙を流しました。

田端信太郎さん、あなたは被害者・被害者家族・加害者家族の苦しみを知っても、なお「スーフリ特待生でしょ?」なんて言葉を、軽いノリで発せられるのですか?




2.日本への侮辱

今年(2019年)はまだ18日しか経っていませんが、日本において女性軽視がなくならないと感じさせる出来事がいくつも発生しました。

当ブログでも、いくつか取り上げています。

週刊SPA!の「ヤレる女子大学生RANKING」は、海外のメディアに報じられました。

NGT48山口真帆さんの謝罪も、海外のメディアに報じられました。

田端信太郎さん、あなたの発言が海外に報じられたら、日本はますます「女性軽視」の国だと思われてしまいますよ。

あなたは日本の印象をもっと下げたいのですか?




3.早稲田大学出身者への侮辱

確かに、「スーパーフリー事件」を起こしたのは、早稲田大学の学生でした。

でも、早稲田大学のほとんどの学生・卒業生は、犯罪者ではありません。

田端信太郎さん、あなたはZOZOの早稲田大学出身の社員に対して「スーパーフリー」と呼ぶんですか?

あなたは、ZOZOの面接を受けに来た早稲田大学の学生に「スーパーフリー」と呼ぶんですか?

「スーパーフリー」と呼ばれた社員・学生は、何て言葉を返せばいいのですか?

指原莉乃さんみたいに、「田端さんが干されますように🙏✨✨!!!」とユーモアを利かせて返すのが正解ですか?

ビジネスに、倫理観は不要ですか?




田端氏の過去の「スーフリ」発言

田端信太郎氏が、過去にスーパーフリー(スーフリ)という用語をつぶやいたツイートはこちらです。

評価については、読者の皆様に任せます。

箕輪厚介氏のツイートに対する、引用リツイート。

被害者は笑えません。

ちなみに、田端氏の「青学あたりで、スーフリみたいなテニサーを主催しだしたら、笑うねw めちゃ人気でそうw」というツイートを、箕輪厚介氏はリツイートしています。

箕輪厚介氏は、早稲田大学の特待生だったそうです。




追記

田端氏の「スーフリ特待生でしょ?」というツイートのことを指しているのか分かりませんが、このようなツイートがありました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク