八幡和郎氏と呉座勇一氏のバトルが勃発した理由




八幡和郎氏とは

八幡 和郎(やわた かずお)氏は、日本の通商産業省(現在の経済産業省)の元官僚で、評論家です。2004年より、徳島文理大学教授を務めています。

2016年には、蓮舫・民進党代表(当時)の二重国籍問題を追及したことで話題となった人物です。

台湾から帰化した蓮舫が首相になれる条件 – アゴラ




呉座勇一氏とは

呉座 勇一(ござ ゆういち)氏は、日本史学者です。

専門は、日本中世史です。




呉座氏が八幡氏の書評を盗用?

2019年1月11日、八幡 和郎氏は自身のフェイスブック(facebook)ページにて、自身がアゴラに寄稿した百田尚樹『日本国紀』の書評が、呉座 勇一氏に盗用された(パクられた)ことを主張しました。

八幡氏は自身のフェイスブックに投稿した文章の冒頭を引用します。

【拡散希望:呉座氏が百田『日本国紀』を盗作のようにいうなら呉座氏の書評は私のアゴラ書評の盗作だ(笑)】

呉座氏はアゴラのこの記事で『日本国紀』が井沢氏のものに多く拠っていることを批判しているが、この呉座氏の指摘は私がアゴラの記事に書いていることとほとんど内容は同じだ。事実の指摘の内容も、論旨もとても似ている。盗作!とはいわないが、それに近い。

八幡和郎:【拡散希望:呉座氏が百田『日本国紀』を盗作のようにいうなら呉座氏の書評は私のアゴラ書評の盗作だ(笑)】より引用。)

そして、八幡氏のフェイスブックの文章の続きは、比較のために、八幡・呉座両氏の書評を転載しています。

八幡氏の書評がこちらです。

→ 百田『日本国紀』は井沢『逆説の日本史』に似てる?(2018年11月23日)

呉座氏の書評がこちらです。

→ 『日本国紀』監修者・久野潤氏の反論に応える②(2019年1月11日)




論壇netが検証記事

呉座氏が八幡氏の書評を盗用したのかどうかについて、論壇netが検証記事を掲載しました。

【日本国紀】呉座勇一氏の書評を「盗作に近い」と八幡和郎氏が非難(追:呉座氏が決定的証拠を提示) | 論壇net

論壇netの記事によると、そもそも八幡・呉座両氏の書評は似ていません。また、八幡氏が盗用されたと主張する「百田尚樹『日本国紀』井沢元彦『逆説の日本史』の類似性」は、八幡氏の書評が出る前に、すでに他の人が指摘していました。




呉座氏本人がコメント・決定的な証拠を出す

論壇netの記事が出されると、呉座 勇一氏本人が反論コメントを寄せました。

そのコメントの中で、八幡氏の書評が出る前に、呉座氏が「百田尚樹『日本国紀』と井沢元彦『逆説の日本史』の類似性」を指摘したという証拠(呉座氏のツイッターのスクリーンショット)を提示したのです。




呉座氏本人が八幡氏のfacebookページにコメントするが・・・

呉座氏は、八幡氏のfacebookページのコメント欄に上記の証拠のスクリーンショットを投稿しました。

それに対し、八幡氏は次のようにコメントしました。

八幡 和郎 ここでのやりとりについて、私が呉座さんの論旨が私のものに似ていると書いたのは、指摘内容の多くと論旨についてであって、足利義満のことだけを限定して指しているのではありません。たしかに、足利義満については呉座さんのほうが先でした。
また、私は呉座さんのが本当の意味で盗作とは書いておらず、百田氏のものが井沢氏の盗作とはいえないが似てるという前提で、百田氏のが盗作だというならば、呉座さんのも同じように似てると言うことを指摘したまでです。
私のアゴラ記事と呉座さんのアゴラの記事が足利義満のことだけでなく、いくつもの点において似ているのは比較して頂ければ分かりますが、そんなことは、よくあることですから、偶然、同じようなこと考えたらしいというだけのことです。




八幡氏の対応に対し、批判が相次ぐ

八幡 和郎氏の一連の対応に対し、歴史学者などから批判が相次いでいます。

歴史学者・亀田俊和氏




歴史学者・柳原伸洋(伸井太一)氏




ろだん 論壇net氏




GEISTE氏




知的財産法学者・玉井克哉氏

玉井克哉氏のツイートについては、『日本国紀』の編集者・有本香氏がリツイートしています。




編集者・平林緑萌氏




歴史編集者・安田清人氏




高城悠紀氏




Tsuji Kenji氏




すんすけ氏

すんすけ氏のツイートに対しては、有本 香氏が反論しています。

八幡氏を擁護する声

宇佐美典也氏

続きはこちらです。

八幡和郎氏とは 八幡 和郎(やわた かずお)氏は、日本の通商産業省(現在の経済産業省)の元官僚で、評論家です。2004年より、徳島文理大学...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク